製造工程

瓦の製造工程

三州瓦は高温で焼き上げる粘土瓦です。
瓦の製造は、工場によって決まった工程を担当します。
伊達屋で行っている作業工程について、ご説明いたします。

1.プレスとバリ取り

材料となる粘土を機械でプレスし瓦の道具ものを作成します。その後、余分なバリを取り綺麗に仕上げ作業をしていきます。

こちらは 一人でプレス機を操作して出来た製品を一人で仕上げをしています。

2.乾燥と検品

作った製品を乾燥させて 不備がないか一つずつ検品を行います。

3.積み込み

合格した製品は、鉄で出来たパレットに積み込みます。

4.配達

トラックで配達します。
このあと、他工場で焼成の工程へと進みます。

鬼瓦の製造工程

通常の瓦に比べてもサイズが大きいもの、一点ものも多いため、製造過程もさまざまです。

機械で作る場合

鬼瓦も粘土をプレス機に入れることから始まります。
瓦の道具ものに比べてとても大きな機械です。
鬼瓦は、一つ制作するにも、さまざまな製作過程があり、とても手間がかかります。

プレス後は、綺麗に磨き、バリ取りや面取りという作業をしたり穴を開けたりします。

鬼瓦には裏と表があり、どちらも仕上げ作業が必要なため、一日に製造できる数が瓦の道具ものに比べてかなり少なくなります。

手作り

手作りの鬼瓦の製作は、一から粘土で作ることもありますが ほとんどが石膏の型を使って 大まかな形を作り、
粘土が少し硬くなって落ち着いた頃に手を入れて、線や形を綺麗にして仕上げます。
(瓦の道具ものの中には機械で作ることが出来ないこともあります。その場合は一点ずつ手作りします)

ネームプレートなどを作ることもあります。

鬼瓦以外にもお客様からご注文があれば、瓦粘土でご要望に応じて作ります。
写真はお客様から「可愛いガネーシャが欲しい」というご注文をいただいて製作しているところです。

鬼瓦の『鬼面』の制作風景です。

石膏型に 粘土を詰めているところです。
ここで 粘土が上手に詰められるかどうかで仕上がりが50%決まります。

鬼瓦(経の巻 一文字)を綺麗に仕上げているところです。
ここで残りの50%が決まります。

積み込み用のパレットの整理や管理も 仕事の一つです。
製品が完成したあとは、焼成工程のため、他工場へと運ばれます。

上海芸術博覧会に出品させていただいた『手まり灯篭』の製作風景です。

完成品はこちら

手まり灯篭 (参考寸法 W44×H25×D37㎝)
上海芸術博覧会出品作品